FC2ブログ

テイクザットの脱税疑惑、炎上中!

もうね、ギャリーのドキュメンタリーの出来がどーしたとか、言ってる場合じゃなくなった。

前回のエントリを上げて一息つく間もなく、テイクザットの脱税問題が報道され大問題に!
最近とくに派手な活動をしていたギャリーは、その慈善家のイメージやOBE(勲章)持ってることも相まって集中砲火を浴びてます。

2014.5.10配信の元記事はこちら The Independent 08:42 Sat, 10 May 2014

Take That: Gary Barlow and other former boy band members face repaying tens of millions of pounds of avoided tax
テイク・ザット:ギャリー・バーロウとそのボーイバンド仲間は数千万ポンドの追徴課税に直面


Members of the former boy band Take That could be forced to repay tens of millions of pounds after a judge ruled that an investment scheme was tax-avoidance in disguise.
投資計画が脱税目的の偽装であると裁判所が見なした場合、テイクザットのメンバーは数千万ポンドの返還を強いられることになる。


 ギャリー・バーロウ、ハワード・ドナルド、マーク・オーウェン、そしてマネージャーのジョナサン・ワイルドは、音楽事業の投資会社という触れ込みのアイスブレーカー・パートナーシップス社に6600万ポンドを投資していたと報じられている。しかし、コリン・ビショップ裁判官はアイスブレーカー社は納税回避のスキーム(計画・手法)であるという裁定を下し、英国歳入税関庁は減税分の返還請求を行うものとみられている。
 裁判官は「アイスブレーカー社はあらゆる観点から見て、納税回避のスキームだ。その投資計画の主な目的は、節税を達成することだ。」新人から中堅までさまざまなアーティストに投資をしたにもかかわらず、アイスブレーカー社の51の共同事業で利益を上げたものは一つもない。
 少なくとも30億ポンドがこのアイスブレーカー社による計画に投じられ、投資家は平均で357.000ポンドの追徴金を支払うことになると見込まれている。テイクザットのスターたちはおそらくもっと高額の支払いになると思われるが、ジェイソン・オレンジとロビー・ウイリアムズに関してはこの投資計画には関与していないものと思われる。 1000人以上の投資家が51のアイスブレーカー社の手掛ける事業に投資したとみられているが、裁判官は彼らが営利目的や商業的利益のために投資をしたという議論を却下した。アイスブレーカー社のスポークスマンは、この(裁判所の)決定は音楽業界における発展的な投資を「危機にさらす」ものだとコメントしている。
 英国歳入税関庁のスポークスマンいわく「我々は正しい企業投資を後押しするために、寛大な税金控除策を準備し、その政策は創造的な事業を推進するのに役立っています。そして、イギリスの世界に通用する映画、テレビ、ビデオなどの制作会社が世界を相手に競争することを可能にしてきました。」
「しかし、我々は納税義務を逃れようとする人々によって、このシステムが濫用されるのを見過ごすわけにはいきません。英国歳入税関庁は今後も裁判で闘っていく予定です。このような脱税計画にかかわる人々は皆、計画そのものの巨額な損失のリスクを冒すだけでなく、自らを罰則と(潜在的には)起訴の危険に晒しているのです。」

テイクザットのメンバーからはまだコメントは出ていないが、以前の記載には彼らは十分に納税しており、税金逃れに関与しているとは思っていなかったと代理人の声明がある。




ロイターの報道は一部日本語訳されてますね、こちらスクショで失礼。
chj;

以前、このブログ1周年の際に、私はテイクザットのメンバーがなんかやらかしたら「なにやってんだ、このバカーーー!!」と罵倒すると思いますw・・と書きました。

さてと。
盛大なバカヤローーーーー!タイムの始まりだぞヽ(`Д´#)ノ ムキー!!


こりゃダメだ、税金はちゃんと払え。
スキャンダルで一番ダメなやつだもん、これ。

オンナ関係はちょっとやそっとじゃ致命傷にはなんないんだよ。ステキな人には女が群がるってファンが勝手に納得したりするし、いい年をした男女ならある程度お互い様なところがあるから。

ただ、税金はダメだ。これはみんながみんな、負担を感じながらも渋々払ってるんだから。義務なんだから。
しかもあんたたちすっごい稼いでるんだから!
庶民がなけなしの節税するのと、大金持ちが有り余る資金をなんちゃって投資で税金逃れするんじゃ心証が違いすぎる。
そんなに稼いでおいてなんなんだよ、けっ!って思われるじゃん、私も思うもん。

勲章もらったとき、すでにテイクザットには脱税疑惑があって一部から反発があった。その時の納税回避スキームと同じものなのかははっきりしないんだけど、知らなかったとは言わせないし、投資顧問の指南だったとしたらそいつ無能だ。
目をつけられた昨年の時点からなんとか身辺整理する手はなかったのか。

今回は裁判官が「その事業は税金逃れのための計画でしょ」と裁定を出したから、もう争う余地あんまり残ってないと思うんだ。ひたすら「そんなつもりじゃなかった、音楽業界の発展のための事業投資だと信じてたんだ」と言い訳しつつ、追徴課税をしっかり払う・・・という落としどころしかない気がするわ。

うわー、イメージ商売なのになんてことをしてくれたんだ。

バッカヤローーーーーーー!!!!
税金払え、コノヤロー!!!!


うわーん。゚(゚´Д`゚)゚。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

たった一つの冴えたやり方?

BBC1のドキュメンタリーWhen Corden Mets Barlowでは、10代のギャリーが見出されるまでの紆余曲折を振り返ります。

2014.4.28.配信の元記事はこちら Unreality TV 15:51 Mon, 28 Apr 2014

Take That’s Gary Barlow sent topless pics to gay music bosses!
テイクザットのギャリー・バーロウは、音楽事務所のゲイ社長たちにヌード写真を送っていた!


テイクザット結成前、一刻も早く注意をひき、契約に持ち込みたくて仕方なかったギャリー・バーロウは、レコード会社のゲイ社長たちにトップレスの写真を郵送していたことが発覚した。

bjg

`Patience'でおなじみのヒットメーカーは、14歳からイングランド北部の労働者クラブでパフォーマンスをしていた。しかし次のステップに進みたかったし、レコード契約が欲しかった。そこで、10代後半の彼は、業界のお偉方の興味を惹くために、たくさんのデモ・テープにトップレスの写真を添えて送り付けたのだ。
X Factorの元ジャッジは、ナイジェル・マーティン・スミスが興味を持ってくれた時、幸運な運命を感じたという。BBC1で放送予定の新作ドキュメンタリーWhen Corden Met Barlowの中で、かつてのテイクザットのマネージャー、ナイジェルは3児の父バーロウの恥ずかしい写真を取り出してみせた。

 ゲイを公表しているナイジェルは1990年、ギャリーの送った宣伝素材を受け取るとすぐに自分のボーイバンドにはギャリーが不可欠な存在になると思ったそうだ。
「だって、どうしたら拒絶できる?」
「アニー・レノックスみたいに見えたけど、僕にはこの子が大人気になれるってわかってたよ」
ナイジェルは、ギャズが現れるまではマーク・オーウェンをリード・ボーカルにしようと考えていたそうで、グループについても全く違ったプランを持っていたという。この作詞作曲の天才が参加する前までは、だが。

 ギャリー・バーロウとジェームズ・コーデンの旅は5月5日の午後9時から放送予定で、(中略) テイクザット解散からソロキャリアのことまで語りつくされる予定だ。



ここからの話は私がギャリーの自伝『My Take』から引っ張ってるんだけど。


ギャリーは14歳からクラブで歌い始めて、地元ではそれなりに人気になる。
でも、ギャリーはその先に行きたかった。「作詞作曲 ギャリー・バーロウ」って書かれたレコードを出すのが夢だったし、Top Of The Popsに出るようなアーティストになりたかった。でもどうしていいかわからなかった。
そんな時に同じくクラブで歌う夫婦デュオがギャリーに言うのね。
「あなたはまずマネージャーを見つけなきゃ」

しかも親切なことに、この方たちはマンチェスターでアーティストのマネジメントをしている人や芸能事務所の連絡先を片っ端から調べて、履歴書を送るのを手伝ってくれるのよ。

With her help I put together a package to send to each of them. In it there was a photograph of me (it was horrible), a biography and a tape of my songs.(『My Take』より引用)
彼女に手伝ってもらって、僕は彼らに送る小包を作り始めた。中身は、僕の写真(ひどいもんだった)と略歴、歌を入れたテープだ。


この「horrible ひどいもんだった」写真がつまり上半身裸の写真ってわけねー(笑)
アニー・レノックスみたいだったって、まだギャリーは男っぽいというより中性的だったんだろうね。

芸能関係者にはゲイが多いなんてのはきっと常識だっただろうから、何としてでも興味を惹くためにヌード写真を入れる。
このくらい上昇志向が強く、貪欲なギャリーのほうが真実味があるんだよね。自分の大望を叶えるためなら、裸にだってなる少年。この野心家のギャリーのほうが、あるべき理想像を演じてるみたいなソロでのギャリーより、信じられる気がするんだ。

あ、後段にある「ナイジェルは当初マークをリード・ボーカルにするプランを考えていた」っていうのは、これはナイジェルの優しさだなー。元々のプランをひっくり返すほど、ギャリーの作詞作曲能力は卓越してたんだよ、っていうのを強調するためのナイジェルのリップサービス。

順番として、ギャリーを最初に事務所に呼んだときのナイジェルは、まだデモテープを聴いてないのよ。
・・・ということは、まずはHorribleなトップレス写真に興味を惹かれたてことなんだなあ(笑)。
で、面接後にテープを聴いてその出来栄えに驚いて、慌ててギャリーに電話している。
「ほんとに君が一人で作ったの?誰かに手伝ってもらったんだよね?」「いや、僕一人で書いたよ」ってやりとりの後、翌日また面接を設定。
だから、ギャリーが曲を書けるのを知って「ボーイバンドのプラン」が大きく変わったのは間違いのないところだと思う。
掘り出し物を見つけた!って思ったはず。実際、バンド内に力のあるシンガーソングライターを擁したボーイバンドってTTが唯一だもんね。(East 17とかBlueも書くっちゃ書くけど、レベルが。)

私はナイジェルに限らず、New EditionやNew Kids On The Blockを作ったモーリス・スター、Backstreet Boysや’N Synⅽ、O-townを手掛けたルー・パールマン、BrosとEast 17を送り出したトム・ワトキンズ、Boyzone とWestlifeのルイ・ウォルシュ。あ、ジャ〇ーさんももちろん。

こういったマネジメントのプロが、素材でしかない少年の何を評価して抜擢するのかすごく知りたい。
エースをまず決めて、そこからバランスよく配分したのかなーっていうバンドもあれば、なぜこのメンバーになったんだろって思うバンドもある。バンドでスターになっても、ソロでは鳴かず飛ばずもあるじゃない?(笑)
目の付け所、組み合わせの妙。その判断の綾が面白いと思うの。

いやしかし、まさかその決め手がトップレスの写真だったとはな!(笑)。


・・・少年のその熱意と覚悟を買ったと、思いたいですが。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

When Corden Mets Barlow プレビュー

5月5日にBBC1で放映された『When Corden Mets Barlow』というドキュメンタリー?のプレビュー記事です。

まだ動画見つからないので内容の詳細はわからないんだけど、ギャリー大好きのコメディアンで俳優のジェームズ・コーデンがギャリーと一緒に車で旅をしながら、ゆかりの場所をめぐりギャリーの足跡をたどる・・っていう内容のよう。

2014.5.5.配信の元記事はこちら Mirror.co.uk 01:15 Tue, 06 May 2014

Monday TV Guide: When Corden Met Barlow sees comedian joining boyband idol on Memory Lane road trip
『コーデン、バーロウに会う』 コメディアンがボーイバンドアイドルと思い出を辿るドライブ

James Corden joins the Take That singer for a journey to the places that helped form his life
ジェームズ・コーデンが、テイクザット・シンガーを育てた思い出の場所めぐりの旅に出る。

shak;a


跳ね回るジェームズ・コーデンは興奮した子供のようだ。彼と旅行バッグを乗せて自宅から大きな車を引き出したら、ロード・トリップの始まりだ。ドライバーは誰かって?ギャリー・バーロウだ。
「ギャリーは僕にとって大ヒーローなんだよ。」とジェームズ・コーデン。「僕はテイクザットのファンだったんだ、ファンだってことがかっこ悪いとされてた頃からのね」

彼は冗談を言ってるわけじゃない。ドライブ中、バーロウとテイクザットメドレーになった時も、コーデンは歌詞を完璧に歌っている。1時間の特別番組の間、ギャリーがThis Is Your Lifeのロード・トリップ版を届けてくれている傍ら、コーデンは丁寧に質問をしっぱなしだった。
二人はチェシャはランコーンのRoyal British Legionクラブを訪ねた。そこはギャリー・バーロウが10代のころ、ビールジョッキを抱えた男たちを相手に歌っていた場所だ。「すべてはここから始まったんだ」とギャリー。(そして今でも続いている。14歳のギャリーをステージで紹介していた司会のクリスは、今でもここで働いていてベタな軽口を交えたその名調子は健在だ!)

思い出めぐりの旅に、恥ずかしさに縮み上がること間違いなしの昔のビデオクリップは外せない。
テイクザットのナマ尻とジェリー塗りたくりあい、残念なダンスのビデオクリップには、バーロウの秘技カンフーキックや、ださい髪形と痛い衣装・・・すべてがここに納められている。
テイクザットファン(Take Thatters)としては行かねばならない場所があちこち出てきて、これは見逃せない休日のお楽しみだぞ!




コーデンはギャリーのコンサートにゲスト出演してPrayをデュエットしたり、Happy NowのMVではギャリーのフェイク役を務めたり、これまでもTTとは懇意な間柄のコメディアンさん。

ドキュメンタリーとしては、ある程度内容の想像がつく、なあ。
トレイラーがこちら。


わたしの関心は一つ。
ナイジェル・マーティン・スミスですよ。
あの怪物マネージャー(ただし、力量は確か)。ジェイソンの天敵(笑)。
トレイラーにちらっと映るのはナイジェルだと思うんだけど、だとしたらだいぶ痩せたし、毒気が抜けてるなあ。
もう少し前は、もっと脂っこくてぎらついたキモさがあったんだけど。・・・べ、別人だったりして(笑)
ahkl.png

ナイジェルがギャリーを見出した時のエピソードは別の記事にも出ていたので、それはまた次の機会に。

TTが始動し始めるにあたり、ストーリーを動かしていく必要性は感じているのよ?
でも、ギャリーにはちょっと食傷気味だからな。
できたら他のメンバーの、特にダンサー二人の足跡のほうが興味あるんだけど・・・そこは絶対出てこないよなー。
特にハワードは生い立ちに関してあまりオープンじゃないから、家族のこととか絶対ネタにしないでしょ。
控えめなファンとしてはあまり穿ちたくもないのよねー。

何もかも知りたいような、何もかもは知りたくないような。
って、何言ってんだろ(笑)。

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

吉報&吉報?

私には吉報&吉報・・・人によっては吉報&凶報かも。

2014.4.30.配信の元記事はこちら  Mirror.co.uk 14:44 Wed, 30 Apr 2014

Robbie Williams says he WON'T be joining Take That on their next album and tour
ロビー・ウイリアムズ:テイクザットの次のアルバムとツアーには参加しないよ


The pop singer said his recent baby news and gruelling schedule were the reasons behind the decision
赤ちゃんができた事とハードなスケジュールが、決断の理由


 火曜日の夜、ロビー・ウイリアムズは次のテイクザットのアルバムとツアーに参加しないことを発表し、大勢のテイクザットファンをがっかりさせた。月曜に妻アイーダ・フィールドの第2子妊娠を発表したポップスターは、ちょっとスケジュールが過酷すぎると話す。
Swings Both Ways tourでヨーロッパ46公演の真っ最中である40歳のロビーは「論理的にも、無理だよね。俺にはツアーがあるし、またパパになるんだぜ」
 しかし、彼はこの決断はmanbandと完全に決別するものではないとも話した。

 The Sun紙に語ったところによると「今後もうテイクザットに参加しないっていうんじゃないよ。なにか起きたら、俺は絶対にテイクザットに戻るよ。俺はテイクザットの一員である事を愛しているからね」
 しかし、こうも付け加えた「このツアーを終えたら2年か3年休むつもりだよ」
 妻アイーダが11月に出産に臨むことになり、ロビーはそんな幸せな出来事のためにそばにいることを決意しているのだと言う。夫妻はまだ生まれてくる赤ちゃんの性別を知らない。すでに20か月になる娘、Teddyの愛称で知られるテオドラ・ローズがいることもあり、ロビーは男の子を熱望している。

「もし女の子だったとしても、最高にすばらしいんだけど、俺はちっちゃい男の子が大好きなんだよ」

 ロビーの10回目のソロ・ツアーは、アイーダとテディ、父ピート・コンウェイとその妻(ロビーの義母になる)を引き連れ、あたかも家族の催しとなった。「愛情に満ち、安定した環境だ。近頃の俺たちの最大の心配といったら、テディのおむつ替えで移動が中断することなんだから」 




もう、セットでお届け。
ロビー夫妻に次の赤ちゃんが!オメデトウ!
そして、テイクザットには不参加!・・・いーよー、それでいーよー。
また、お互いに組みたい気持ちになった時に一緒にやればいいんだから。

なんか、なごむわー。
ロビー×ちっちゃい女の子(テディちゃん)の構図も最高にほっこりするんだけど。
ロビー×ちっちゃい男の子もいいよね。勝手な理想はやんちゃで甘えん坊な男子。
ロビーにそっくりな男の子だったら、かわいいと思うわー。

まだ性別が分からないそうなので、楽しみに待ちましょう。

姉妹だったら、娘可愛さに構ってほしくて仕方ないロビーに「もう、パパったら!(●`ε´●)(●`ε´●)ぷんぷん」扱いになるのが目に浮かぶし、姉弟だったらガキのようにじゃれるロビーと弟を「もう、パパったら!(●`ε´●)ぷんぷん」と腕組んで見つめるおしゃまなテディちゃんが目に浮かぶ(笑)。


そして、テイクザットに不参加。これは予想されていたことだし(笑)。
だって、どう考えたってテイクザットやってる時間のないスケジュール組んでるんだもん。

5人のTTを愛する方には申し訳ないけど、TT4で本当に良かったや。ちょっとほっとした。
その方がギャリーは落ち着いて取り組めると思うし、マークやハワードもうまく機能する気がしてさ。

ロビーってジョーカーというか、カレー粉みたいなとこがあって、ちょっと入るだけで全部カレー味になる。
もちろん出来上がったものはスパイシーで美味しいんだけど、ファンもそれなりに年とってて毎食重たいのはちときつい。

次はお出汁で品良く仕上げた炊き合わせ希望です。


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

シングルチャートで大コケ・・・大丈夫なの?

ギャリーのシングル曲がどうもチャートで惨憺たる結果のようで・・・。

2014.4.25.配信の元記事はこちら Shields Gazette 00:32 Fri, 25 Apr 2014

Barlow's latest single a chart flop
バーロウの最新シングルがチャートイン失敗


Gary Barlow has achieved what is thought to be his worst ever performance in the UK singles chart - failing to even make the top 100.
ギャリー・バーロウがUKシングル・チャートにおいて、これまでで最低と思われる結果となるーーTOP100にも入れなかったのだ。

テイクザットのシンガーでⅩ Factorのジャッジでもあったバーロウは先週、同名のアルバムからの3枚目のシングルSince I Saw You Lastをリリースした。
しかし大々的なラジオのエアプレイやテレビでの宣伝にもかかわらず、この曲は129位につけるのがやっとだった。ということは、前のシングル曲でサー・エルトン・ジョンとコラボレートしたFace To Faceが1月のチャートで80位だったのにも劣る結果だ。
 このシングル曲は英国最大のラジオ局Radio2のプレイリストに入っていたので、聴取者に向け15~20回の放送が保証されていたことになるし、彼もヴィデオ撮影したセットからITVの番組This Morningのインタビューを受けたりとプロモーション活動をしていたのだ。

 それなのに曲は週末のオフィシャル・シングル・チャートに食い込むことができなかったし、その低すぎるランクがここに明らかになった。
 それでもギャリーはアルバムの好調なセールスになにがしかの慰めを見出すことができるだろう・・・14年ぶりのソロアルバムは2013年の年間売上第9位なのだから。

 彼は現在ツアー中であり、サッカーワールドカップ・イングランド代表公式応援ソングになったテイクザットのGreatest Dayの新バージョンをレコーディングしたばかりだ。



うおおおお、怖えーーーーー!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

Radio2のプレイリストには入ってるからラジオでもいっぱい流れて、ギャリー自身もテレビ出演なんか精力的にこなして、プロモーションをしっかりやってのこの結果。

同じアルバムからの3枚目のシングルだってことを割り引いても、ランキング圏外はちょっと怖いぞーーー。
飽きられてるんじゃないか、鬱陶しくなってきてるんじゃないか。

潮の流れが、風向きが。
なんだか一気に変わる事ってあるでしょう。
それが私は怖い。
すごーく持ち上げられたあと、突き落とされるような。

ここで下手な手を打つと、テイクザットにも響きそうでいやなんだよね。

追ってエントリしますが、BBC(笑 またですか)で『When Corden Met Barlow(コーデン、バーロウに会う』っていうfilmっていうから映画なのかな?が製作されて来週公開なのですよ。
それの話題もすごく多くなってて、記事もたくさん出てるわけ。

露出がとても多いことが、果たしていい方に作用しているのか、現地の空気はどんな感じなのか。
それが地図のあっちとこっち、東の果てからじゃわからないよ。

うう、もどかしい。



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ
プロフィール

史緒(フミヲ)

Author:史緒(フミヲ)
TAKE THATのDVDの字幕を睨みながら、ビールを飲む夜が一番幸せ。

最新記事
史緒のコレクション
Extream来日公演は6月10日TOKYO DOME CITY HALLに行きます。
にほんブログ村
人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック